ダイハツ タントカスタムのCMに登場する「ベタ踏み坂」は実在!鳥取と島根の県境にある江島大橋

ダイハツ タントカスタム テレビCM「坂」篇に登場する急勾配な坂道。

CM開始早々、スタート地点についたタントカスタム。目の前に立ちはだかる通称「ベタ踏み坂」の手前に、向かう方向に米子・境港を指す案内標識板。さらに「江島岸壁」という文字をヒントに、ここが江島大橋であることが分かる。

鳥取県境港市と島根県松江市との間にかかる江島大橋は、全長1.7km(うち橋梁部1446.2m)、高さが中央部で水面から44.7m。PC5径間連続有ヒンジラーメン箱桁橋という構造をしていて、中央支間長は250m、桁橋としては日本最大の支間長を誇り、世界でも第3位。気になる勾配率はなんと6.1%。中海を通る大型船舶の通航を確保するため、短い距離で高さが必要になり、角度をつけてしまったが為にこんな勾配になっている。

タントカスタムが本当にベタ踏みをせずに登りきれたかは、乗車人数やエアコンの使用状況などの条件によって実証してみないと分からないが、勢い良く登ったのは良いものの、降りるときも当然同じ勾配。橋を降りてすぐに信号が待っているし、ブレーキの制動距離を考慮して運転しないと、追突事故にもなり兼ねない。登り坂途中で渋滞に巻き込まれるのも辛そうだ。

とは言え、タントカスタムのCMで起用されたことにより、ロケ地として注目を集めることになった江島大橋。新たな観光スポットとして、近くの水木しげるロードや宍道湖、出雲大社へドライブする際には、立ち寄ってみたいスポットである。

2014年1月13日