ホンダN-ONEタイプR 東京モーターショー2013でコンセプトモデル出展の噂

ホンダN-ONEタイプR
登場から間もなく1年。1ヶ月で2万5000台もの販売台数を記録したN-ONEに、以前より噂されていたタイプRの登場が、東京モーターショー2013でコンセプトモデルが出展されれば、いよいよ現実味を帯びてくることになる。

N-ONE プレミアムグレードに搭載されている660ccターボは、1.3Lエンジンを搭載するフィット並みの走りが得られるとも言われていて、それだけでも十分な感はあるが、さらにハイスペックなタイプRが登場すれば、軽自動車の領域を超えそうなハイパフォーマンスな1台となることが期待できるとともに、当然とも言えようMTであることが見込まれる。

タイプSならば、5速MTかもしれないが、タイプRを名乗るのであれば、6速MTの登場か。
軽自動車で6速MTを搭載されれば、ホットハッチバックに分類されるヴィッツRSやマーチNISMO、フィットRSやスイフトスポーツのユーザーまで取り囲めることが期待される。ホットな1台になることは間違いないですね。

2013年7月31日