乗用車、10年で2割高く 安全装備費上乗せ – 日本経済新聞


日本経済新聞
乗用車、10年で2割高く 安全装備費上乗せ
日本経済新聞
乗用車の価格が上昇している。国内で売れ筋の排気量1500cc以下の乗用車(軽自動車を除く)の平均価格は11月時点で約201万円と、10年前より約2割高い。自動ブレーキをはじめとする安全装備やハイブリッド車(HV)の電池といったコストが上乗せされたことが主因。

2016年12月11日