ダイハツの3Dプリンター技術、金属プリンターを上回る性能 – 日経テクノロジーオンライン

ダイハツの3Dプリンター技術、金属プリンターを上回る性能
日経テクノロジーオンライン
積層を実施する台座部分のサイズは幅800×奥行き500×高さ400mmとされ、ダイハツが扱う軽自動車用エンジン部品であれば、この大きさで対応可能とのこと。 他社が扱うV6エンジンなどではひとサイズ大きくなるという。型は分割して製作した上で組み合わせられるので、大型 …

2017年11月22日