日産自:4-6月の純利益1%減、原材料高騰や販売費増が響く – ブルームバーグ

日産自:4-6月の純利益1%減、原材料高騰や販売費増が響く
ブルームバーグ
昨年は燃費不正問題を抱えた三菱自動車からOEM(相手先ブランド生産)供給を受けていた軽自動車が販売停止となっていた国内販売が急回復したほか、米国や中国でも販売を伸ばした。一方、マーケティング販売費用増や原材料高騰などのマイナス要因が重荷となり、大幅 …

and more »

2017年7月27日